BLOGってハニー

アクセスカウンタ

zoom RSS Jane's Addiction 「RITUAL DE LO HABITUAL」 (1990)

<<   作成日時 : 2005/05/31 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
ジェーンズアディクション!

もう大好きです。仮に法律で取り締まられることになっても
こっそり聴き続けます(笑)。
1986年に  Perry Farrell(vo) Dave Navarro(guitar)
Stephen Perkins(Drum) Eric Avery(bass)

の四人で結成されたJane's Addictionの3rdアルバムに
してラストアルバムとなる本作品。
一般的に彼らの最高傑作、90年代のロックの名盤と
言われていますが、自分もそう思います。















これを聴いても興奮しないミュージシャンなんかロック
辞めちまえ!(←物陰に隠れながら)


















収録曲は9曲と短いながらもJane's Addictionというバンド
の魅力が凝縮された作品です。



何語かわからないMC(スペイン語?)で始まる1曲目、
「STOP」から5曲目「BEEN CAUGHT STEALING」まで
はグルーヴ感抜群のファンキーかつひねくれたハードロック
ナンバーが続きます。
10分にも及ぶ大作、6曲目「THREE DAYS」からは
彼らがただのファンクメタルバンドではないことを思い知らされる
壮大なスケールのナンバーが続き、
ジェーンズワールド全開の本作品はDaveのきらびやかなギターが
印象的な「CLASSIC GIRL」でしっとりと幕を閉じます。





メタル、ファンク、ハードロック、パンク、民族音楽etc...と
幅広い音楽性を持つ彼ら。
80年代後半のロックシーンの主流だったガンズやボンジョヴィ
といった正統派ハードロックバンドとは一線を画すサウンド
です。
その後の90年代オルタネイティヴバンドたちの台頭の先陣を
きったアルバムとしても本作品は非常に重要な意味を持つ
アルバムだと自分は思います。



ただ、クセのある作品のため人に勧めることはしません(笑)。
でも自分にとってこのアルバムは愛すべき名盤であり、一生
聴いていくつもりです。
これからもヨロシクな(←アルバムを撫でながら)。




ドラッグ問題やメンバー間の不仲(すごかったそうです)で
このアルバムを残し彼らは解散してしまいますが、
2001年に奇跡の再結成を果たします!


発表したアルバム「STRAYS」は個人的には本作品のクオリティー
には及ばないと思っていますが
聴きやすくポップなナンバー揃いなのでこちらは万人にオススメです。

また新たに彼らの伝説が始まるのかぁと思っていましたが....





















今年また解散(泣)








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Jane's Addiction 「RITUAL DE LO HABITUAL」 (1990) BLOGってハニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる