BLOGってハニー

アクセスカウンタ

zoom RSS REEF 「Together, The Best of REEF」(2002)

<<   作成日時 : 2005/05/07 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
みんな、なんで聴かないのか不思議です。
アルバム「GLOW」は全英1位になったこともある
イギリスの素晴らしいバンド、REEF!




イギリスの往年のブルースロックが彼らの原点なんでしょうけど
彼らの出すサウンドには、よくいる懐古主義的バンドにありがちな
古臭さがありません。
ブルースロックといった昔ながらのジャンルのサウンドも
REEFというバンドのフィルターを通ってしまうと非常に
現代的で骨太でグルーヴィーなものになります!

デビュー当時(95年)のイギリスはBRIT POPブーム真っ只中。
お国柄を意識した気取ったサウンドのバンドが多い中彼らのサウンドは
肉感的でパワフル!!
頭より先に体に訴えかけてくるものでした。

ボーカルのGaryのソウルフルな歌声、そしてそれをバッチリ支える
演奏陣。
グルーヴ感あふれるぶっといブルースロックが好きな方は是非とも
聴いてくださいまし。しびれますよー。
特に楽器をされてる方には特に聴いてほしい!




















つうか、聴かなきゃダメ。(欽ちゃん逆バージョン)












あ、ちなみにこのバンドのギタリストのKenwyn。個人的に一ギタリストとして
すごい好きな人です。

ソロをバリバリ弾くタイプではないんですけどバッキングのセンスがもう抜群!
コードとシングルノートの自然な絡めかた等、曲の魅力を最大限に引き出す
プレイのできる(←地味にここが凄いとこ)いいギタリストです。
機材を多用した奇抜な音や過激な歪みを使うわけでもなく、ギタリストとしては
意外と古風な人なのかもしれませんね。
あとはギターのチューニングで言えば「ドロップD」を好んで使っているようで、
自分もこれには影響受けました。









REEFは数年前にこのベスト盤を出してから活動を休止し、
公式発表はされてないものの「解散説」や「Gary脱退説」などが囁かれて
います(汗)
REEFに変わるようなバンドって意外にありそうでないんですよね。
なので再開を(期待半分で)待ちつつベスト盤を聴きましょう。









あと最近知りましたがブリリアントグリーンの松井亮のサイドプロジェクトの
アルバムになんとGaryが一曲ヴォーカルで参加したそうな!
ブリグリは嫌いじゃないけど......Garyには他にやって欲しいことあるんだ、ボク(半泣き)







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Kenwyn House (ギタリスト)
どうですこのギターをかまえた勇姿、かっこいいよねぇ。 ...続きを見る
BLOGってハニー
2005/12/02 21:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
REEF 「Together, The Best of REEF」(2002) BLOGってハニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる