BLOGってハニー

アクセスカウンタ

zoom RSS thee michelle gun elephant 「high time」(1996)

<<   作成日時 : 2005/10/09 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
俺もれっきとした日本人、当然邦楽も聴きます!.....あまり最近のバンドはわかりませんが(汗)。

今日紹介するのはミッシェルガンエレファントの2ndアルバム「ハイタイム」です。

97年に発表されたシングル「カルチャー」のPVを観て初めて彼らに興味を持ち、それ以来彼らのアルバムを買っては聴き買っては聴き......。普通に書いてますが当時すでに洋楽一辺倒だった自分としてはこれはちょっとした事件でしたねー。

ラモーンズにも共通する「俺たちはコレが好き!コレしかできないよ!」といった潔いストレートな演奏。といっても彼ら四人の生み出すサウンドは日本のバンドでも他に類をみない唯一無二のサウンドでした。単純に今までもパンクやパブロック、モッズ音楽の影響を受けた日本のバンドはいましたがこれらのバックグラウンドからこうもうまく自分たち独自のサウンドに昇華させたバンドはいませんでした。
独自のサウンドになった要素として、よくマシンガンとも形容されるアベフトシのぶっとい高速カッティングが占める割合は大きいですね。こんな人今まで見たことも聴いたこともなかったよ、衝撃だった(笑)。
とにかく四人で一つの音を出しているという当たり前の感じが強烈に伝わるバンドでしたね。こんなに「バンド」を意識させるバンド、なかなかいません。

数ある彼らの作品の中で自分が「ハイタイム」を一番好きな理由は色々あります。
まずは見た目ですがジャケットが最高(笑)
中の歌詞カードのフォトに写っている彼らもホントかっこいい!この頃の彼らはモッズよりな格好をよくしていたんですけどこの頃の彼らのファッションが一番好きです。あんまり後々彼らが好んで着るライダースジャケットやマフィア風スーツは好みじゃありません(汗)。

肝心の音に関しての理由としては、この頃は歌詞も演奏も力みすぎない感じのいいグルーヴ感があったんですよね。「シャンデリヤ」や「笑うしかない」なんてダンスミュージックですよ、ほんと極上モノの。
そしてチバの生み出す歌詞は直接的な言い回しはないけど胸に染みるんだよなぁー。チバの歌詞、文章として読むと「?」なのにチバが歌うと一気にその情景や心情が浮かぶから不思議。このアルバムでもその魅力は全開です。

同じような理由で1st、3rdも大好きです。ただ、初めて買ったミッシェルのアルバムという思い入れもあり、最初に受けた衝撃も大きかったので自分の中ではこの「ハイタイム」が全作品中一番好きですね。



個人的に上記の彼らの魅力が減衰していくと感じるのが4thアルバムの「ギアブルース」以降。
基本的な彼らのスタンスが一気に変わったとかではないのですが演奏もよりハードで暗く重厚になっていきますしチバの生み出す歌詞もあまり親近感のわかないものが多くなってきました。なんだか「遠い世界のかっこいい男の話」といった感じで(汗)
まぁ注文や意見が多くなるのも好きの裏返しですけど(笑)。






彼らの音楽性が作品を出すごとにどんどんシリアスになっていくさなか、なんとなく予感はしていたもののいざ解散となるとえらいガッカリしました....。もう今後衝撃を受けるような日本のバンドなんかでてこないだろうなぁという寂しさと学生時代の思い出なんかも入り混じり、なんか切なくなりました。





とりあえず彼らの残してくれた傑作「ハイタイム」は一生聴いていくつもりです。収録曲「笑うしかない」は自分の葬式の時にかけてもらいたいです(笑)
明日は休みだし「ハイタイム」を聴きながらドライブでもしようかな!
天気のいい日の一人ドライブにすごい合うんだよね。


































関係ないけどよく人にミッシェル好きっていうと「じゃあブランキーなんかも好きでしょ?」って言われるけどなんででしょうね?全く別物だと思うんですけど(汗)







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ヨーさんの邦楽、珍しい感じがします。
ミッシェルガンはヲレもバッチリ!ストライクゾーンですよ〜。
ストレートに響きますよね、「まぁ、黙って聴けや!」って言いたくなる。
ヲレのフェイバリットは「チキン・ゾンビーズ」に入ってる『バードメン』(多分シングル?)です。またもやベタかな?

ミッシェルを聴いたのはギターテクを一生懸命追求してた頃でしたが、アベのギターは大切なのは技術だけじゃないハートの、ロックを表現する強さを教えてくれた気がします。

ただ、「解散」を聞いた時は「あぁ、やっぱりな」って思いました。残念ながら今いないですね、こういうストレートなロックバンドは。

ちなみにブランキーも好きですが、ヨーさんの言うとおり別モンだありゃ。
強いて言えば、ジャンジャカ弾く感じが似てるんじゃないかと。

邦楽バンドネタ、実は待ってました(汗)
hemo
2005/10/09 01:13
>hemoさん
ミッシェルは数少ない好きな邦楽バンドです。
ベタ?いやいや!バードメンは文句なしにかっこいいですからね。自分も好きです。
ギター弾く人間なら何かしら影響受けるプレイですよね。自分の場合は「進んできた道は間違ってなかった」と思いました(笑)
たしかに数少ない「強さ」を持つプレイヤーですよね。
ブランキーは嫌いじゃないけど全然聴かない(汗)。
食わず嫌いなんでしょうかね...。
邦楽ネタはあと数組候補はありますが需要の少なそうなのしかないなぁ(汗)。

そろそろhemoさんも音楽ネタ、ブログで再開しましょー(笑)
ヨー
2005/10/09 02:28
ごめんなさい、そうですね。
ここんとこヨー氏のブログ読んで満足しちゃってました(汗)

近い内に再開します!
hemo
2005/10/09 17:04
>hemoさん
そんな謝らないでヨ(汗)
ヌーノ好き、笑いのツボなどhemoさんとは共通点多いのでコメント毎回楽しみデス。
音楽ネタ、楽しみにしてますね!
ヨー
2005/10/09 23:50
今ごろ書きこませてもらいます(笑)
「リリィ」「スモーキン ビリー」発売当時よく聞いてました。リリィになりたかったナ…

それから、しばらく遠ざかってたけど2年前の
9月京都磔磔でのLAST HEAVEN TOURはよかった!!!
チバのかっこよすぎる顔とザラッとした声が懐かしいです。
botecco
2005/10/16 11:57
>boteccoさん
カキコミありがとうございます。
boteccoさんもミッシェル聴かれてたんですね。
「リリィ」「スモーキンビリー」いい曲ですよね!
「リリィになりたかった」ってのは女性ファンならではですね(笑)

ラストツアー行ったんですね、うらやましい!
最後ということもあって昔の曲もしたと聞いて行かなかったことを後悔した記憶が...(泣)
ヨー
2005/10/16 21:14
昔、スカパーでチバが「塩化ビニール地獄」っていう
好きなレコード紹介の番組をやってたこととか、
そこでたまに見せる笑顔とかそんなチバと私(?)との
回想シーンともう聞けないんだ…という思いの入り混じった
切な過ぎる夜でしたよ〜
botteco
2005/10/16 21:53
>boteccoさん
なかなかチバ、メディアで笑わないからなぁ(汗)
でもやっぱ好きなことになると人間、自然と笑顔になるみたいですね(笑)
色んな想いはめぐりそうですがミッシェルの最期を見届けることができたのは財産!うらやましい...。
ヨー
2005/10/16 22:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
thee michelle gun elephant 「high time」(1996) BLOGってハニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる