BLOGってハニー

アクセスカウンタ

zoom RSS EXTREME 「waiting for the punchline」(1995)

<<   作成日時 : 2005/11/13 02:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

画像
「モアザンワーズ」の大ヒットで名を馳せたエクストリームの元ギタリスト、ヌーノベッテンコートの新バンド『ドラマゴッズ』のアルバム発売日が12月16日に決定。
2002年に『ポピュレーション1』名義で発表した作品から考えると3年ぶりの新作になる。



ヌーノ好きとしては非常に楽しみ。今日紹介するのは彼が在籍していたファンクメタルバンド、エクストリームのラストアルバム「ウェイティングフォーザパンチライン」です。


ニルヴァーナにドキュメントビデオで名指しで批判されたりベタなラブソングで全米1位を獲得したこともあってかあまりオルタナ系を好む方たちには好まれてませんよね(汗)。

自分がギターを始めた頃は他のテクニカル系のバンドに比べ、自分の好きなファンクテイストが強かったこともあって彼らのアルバムはよく聴いてました。
まぁ「ヌーノのルックスがスゴイよかった」ってのもだいぶ割合としては多くの部分を占めてましたが(笑)。
あとはヌーノの弾くリフがメチャクチャかっこよかったことも要因。これはエクストリーム解散後のソロ作品でより自分の好みの音をだしてくれてます。骨太でゴッツゴツ、でもグルーヴ感がある。


多分一般的なメタルやハードロック好きの方たちなら2ndや3rdあたりを最高傑作に挙げるでしょう、ヌーノのギタープレイも非常にテクニカルだしサウンドも華やかだし。

この作品はそれまでの作品に比べサウンドとしてはツェッペリン色が濃いオールドハードロックなアルバムになってます。サウンドに余計な装飾はなくスタジオ一発録りっぽい空気感です。そこがこの作品のかっこいいとこなんだよなぁ。
自分の場合はメインストリームを意識し作りこまれた煌びやかなサウンドのそれまでの作品よりこのアルバムのほうが好きです。
3rd以前もたまに聴きますが今聴いている音楽とあまりに違うためホントにたまにって感じですがこの作品はわりと頻繁に聴きます、あんまり時代に関係ないかっこよさのある音なので。
あんまりエクストリーム(というよりテクニカル系)に興味ないかたでもツェッペリンが「アリ」なら聴く価値はある作品だと思いますよ。





















今はエクストリームが好きというよりはこの作品が好きというのが正直なとこ。ソロ作品になると彼のちょっとつたない歌声が逆に楽曲の良さをひきだしていて今現在も一音楽として聴けます。ソロ作品に関してもそのうち書こうかと思ってます。






































高校時代このアルバムが出た頃の周りのエクストリームファンはガッカリしてる奴多かったなぁ。自分はかっこいいアルバムだと思いましたけど。

ということでもしかしたらエクストリームファンからもあまり評価されてない作品なのかも(汗)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
DRAMAGODSのNEWアルバム「LOVE」
DRAMAGODSのNEWアルバム「LOVE」を買ってきました。 最近、CDやDVDを結構、買ってるんですが ぜーーんぜん、ここで紹介してなかったんで。今、書くネタないし(笑) ...続きを見る
たっちの病弱日記(主に風邪)
2005/12/31 03:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ヲレ個人としても、やはり2ndのクオリティが高いと感じたせいか、出た当時は物足りなさを感じていた部類でした。
でも、年数経って色んな音楽を知り、改めて聴くと、かえって聴き易さがあります。

でもヌーノはヌーノ。一部では駄作と評する人もいますが、ヲレは良い意味でロックしてると思います♪

今となってはヨー氏に同感です。
hemo
2005/11/15 00:05
なんつうかこのアルバム、ガチンコ度は一番だと思います(笑)
2ndほどの華やかさやプレイの充実度はありませんけど...。
しかし2nd、随分聴いてないしたまには聴こうかな!

お互いヌーノの新作、発売したらブログに書きましょうネ。
ヨー
2005/11/15 00:27
はじめまして。私自身は、もちろん、More than wordsはよく知っていましたが、ヌーノのスキゾフォニックをCD屋さんの店頭で、一曲目のGravityを聞いて速攻購入してしまいました。私はギターを弾かないこともあるせいか、むしろエクストリーム時代よりも、ソロになってから、またPopulation1のバンドの曲をよく聞いています。今回のドラマゴッズもすごく楽しみです。発売されてからのヨー様の感想も楽しみにしてますね。
mary-ring
2005/12/04 21:54
>mary-ringさん
はじめまして!

ヌーノファンの多くはエクストリーム時代を好む中、自分もmary-ringさん同様圧倒的にソロ派。
ソロ1stのインパクトは強かったですよねー。自分は「swallen princess」にやられました。

ヤングギター付録のDVDでちょっとドラマゴッズの音源聴きましたがキーボードがメンバーにいるというのがこのバンドの良し悪しを左右しそうな感じがしました。彩を添えるか邪魔になるか...見た感じではまだ微妙(汗)
でも楽曲自体は相変わらずほんのり憂いのあるいいポップさでした!
発売待ち遠しいですね。...延期しませんように(笑)

また遊びに来てくださいね。
ヨー
2005/12/04 23:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
EXTREME 「waiting for the punchline」(1995) BLOGってハニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる