BLOGってハニー

アクセスカウンタ

zoom RSS Small Fases 「From The Beginning」(1967)

<<   作成日時 : 2006/01/24 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像週末に部屋を掃除しまして、散らかり放題だった部屋もだいぶスッキリしました。









で、皆さんに聞きたいのですがこれは自分だけでしょうか?
部屋がきれいな状態の時と汚い状態の時とでは、聴く音楽が違ってきちゃうんです。
きれいな時に比べ部屋が片付いてない時は基本的に聴く音楽も少々荒々しいものになります。


....ガンズだのランシドだのを引っ張り出すようになってくると、いい加減部屋を掃除しなきゃいけないサイン(汗)。




掃除後、部屋で一発目に聴いたのはスモールフェイセズの「フロムザビギニング」。....やっぱきれいな部屋には合いますね(笑)。









モッズカルチャーを語る際にはフー同様必ずといっていいほど語られるバンド。

彼らを評するに、とにかく「カッコイイ」という言葉がもっとも簡単でありながらも的を得た言葉だと思います。ルックスはもちろん本気度の高い音と、とにかく彼らの全てが「カッコイイ」!
モータウン、スタックスのいい時代のメロディアスかつエモーショナルなR&Bを存分に吸収したサウンド、そして白人とは思わせないソウルフルな歌唱力を持つスティーヴマリオットの歌声。
あまり黒人の方々のホンモノのブルースやR&Bは普段聴かない自分にとっては彼らは「R&Bの王様」!
.....って、こう書くとなんか和田ア○子のキャッチコピーみたいですけど(汗)。


このアルバムは初期の代表曲である「シャラララリー」「ヘイガール」「オールオアナッシング」はもちろん編集盤ではなかなか聴くことのできない優れたカヴァー「ランナウェイ」「ユーリアリーガッタホールドオンミー」なども収録されており聴き応え十分な作品です。
英国好きはマストアイテム!つうかオシャレさんはぜひLPでの購入をオススメします、飾れば一気にお部屋がモダニズム溢れる空気に(笑)。





















































え〜、こんなこと言ってますが実はフーなんかに比べスモールフェイセズは圧倒的に聴く頻度が低いんです(汗)。

初期の彼らのサウンド、歌声がとにかく白人バンドとは思えないほどソウルフルで濃すぎるので軽い気持ちでなかなか聴けないんですよね(笑)。で、中期以降のサイケデリックなものもそれはそれでまた濃いんだよなぁ...。
「大好きな特濃とんこつラーメン、おいしいけど毎日食うのはちょっと.....」といった心境にも通ずるものがあるかと(違)。
大好きなバンドのわりに聴く頻度が少ないというなんだか矛盾したバンドです。


こういうのってやっぱり変ですかね?でも、まぁこんな位置づけのバンドがいるっていうのも


























































ステキやん?(シンスケ)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
コンバンハ。またやってきてしまいました。
(^^;
トップのスタカンのジャケ写真といい、
スモール・フェイセズといい
がんがん秘孔をついてますね(笑)
これももちろん好きなんですが、
アルバム全部制覇してるわけではないので
自信を持って「好き」と言えない
ところがツライです(?)
ちなみに、スタカンはアルバム全部&
7インチシングルボックスも所有して
ますので、自信を持って「スキ」と
言えます。
(中学生か?)
くま子
2006/01/28 01:10
>くま子さん

こんばんは。
南斗聖拳よりは北斗神拳のように内部へジワジワと効かせるブログを当方、目指しております(嘘)。
というのは冗談として。くま子さんもこの辺好きなんですねー。
自分もベスト盤二枚とコレのみ所有ですが自信を持って好きと言っちゃってます(笑)。

スタカン、7インチシングルボックスまで所有されているとはスゴイ!
ポール関連はシングルにアタリが多いから羨ましい。
将来ボクも早くその辺も所有して、自信を持って好きと言えるようになりたいデス(小学生風)

ヨー
2006/01/29 22:59
ヨーさん、こんにちは!先日コメント&TBを頂きましたKOSSです。
ヨーさのブログを見ていたら、テキサス・スペシャルのピックアップについて書かれていたのでコメントしようと思ったのですが、スモール・フェイセズについてのブログがあったのでこっちに変更しました(笑)。

スモール・フェイセス、たまりませんねぇ。
スモール・フェイセスから徐々にスティーヴ・マリオットのブラック・ミュージック志向が強調されるんですが、
ハンブル・パイバカとしてはちょっと物足たりなかったり(笑)。
あと後のフェイセスなんかも好きなんですよねぇ。このバンドは最高のロックンロールバンドだったと思います。ロッドの歌は個人的に、この頃が一番好きだったりします♪
KOSS
2006/02/18 03:44
>KOSSさん

お越しいただきありがとうございます。

意外にローズ指板の黒のストラトってメイプル指板に比べ使用者少ないんですよね。
一時USAのラインナップからも外れた時期もありましたし。
経年変化はサンバーストのように味の出るものではないでしょうけど黒は黒でいいもんですよー。
テキサススペシャルは「=ブルース」的なイメージとは違い結構オールラウンドに使える粘りのある音ですね。ストラト購入のさいはこちらのピックアップも搭載検討をオススメします!

自分はハンブルパイは数曲聴いた程度なのでそろそろちゃんと聴いてみようかと思ってます。
....あまりにスモールフェイセス期とルックスも変わったりだいぶアーシーなサウンドになったりと、聴いた当時はあんまりピンとくるものがなかったもので(汗)
今はフェイセスあたりも含めた土臭いルーズなロックにも免疫でてきたのでフリーなんかも聴いてますよ(笑)
なのでKOSSさんのブログも今後参考にさせていただきます!
ヨー
2006/02/19 01:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
Small Fases 「From The Beginning」(1967) BLOGってハニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる