BLOGってハニー

アクセスカウンタ

zoom RSS Yardbirds 「BBC sessions」(2005)

<<   作成日時 : 2006/02/11 01:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

画像フー、ジャム、クリーム、ツェッペリンetc....。




イギリスBBCの貴重なライヴ音源をおさめた「BBCセッションズ」シリーズ。
好きなバンドのものが出ると必ず購入しています。
音源が貴重ということも理由ですがなによりこのシリーズ特有の雰囲気が好きなんですよね、海外のラジオを聴いているような感じがたまりません。





普段外回りの時にAMラジオで聞く「純喫茶 谷村新司」とは真逆な感じです(これはこれで大好きなんですが...)











最近よく聴くのがヤードバーズ「BBCセッションズ」
1965〜1968年の間にBBCにおいて放送された彼らのライヴ音源をまとめたものです。時期的にギタリストがジェフベックの頃です。クラプトン、ジミーペイジファンの方には不満かな(笑)。

従来のスタジオ盤ではあまり感じることがなかったのですが、こうしてライヴ音源を聴いているとヤードバーズはなんてエキサイティングな演奏をしていたんだと驚きます。
初期ストーンズ同様ホワイトブルース。
ただストーンズに比べ、彼らの音はよりポップなサウンドで敬愛するブルースの真似事では終わらずしっかり自分達の音にしています。
ボディドリーやチャックベリーのカヴァーですらバッチリ彼らのモノにしてます。オリジナルとは違い性急でさっぱり味、何度でも聴いてしまいます。

ジェフベックの演奏もワイルドかつ切れ味抜群のサウンド。近年の彼の無難な演奏とは大違い、エモーショナルでアツい!ヤバイ!間違いナイ!(和田サン風)
正直ヤードバーズ以降のベックにはあまり関心ないのですがこのアルバムを聴いてますます「やっぱホントはいいプレイヤーなんだな」と再認識。

とはいえこうしてヤードバーズのライヴ音源を聴いていると「意外に『バンド』だなぁ」とも思わされます。変な日本語ですが(汗)
というのもベックのギターサウンドだけがやたらとりあげられることの多いバンドですが、バンド全体で出す音がかっこいいんです。
ベックのギターはもちろん重要な部分をしめますがあくまで要素の一つ。
シブいリズムセクション、キースレルフのいい意味で無機質な歌声、マニアックなブルースをシンプルにポップミュージックに昇華させた音etc...それら全てで「ヤードバーズの音」になってますよ。
ベックが在籍していたどうこう抜きに、単純に一ホワイトブルースのバンドとして最高にかっこいい音を出すバンドです。





そんな彼らのおそらく一番脂の乗ったいい時期のライヴ集ですからハズレなわけがありません。
選曲も代表曲の「フォーユアラヴ」はもちろんブルース、ロックンロールの名曲のカヴァーまで全27曲と満腹度も高い!
2006年現在の自分のヘヴィーローテーションが60年代の彼らの音楽というのもなんだか少々寂しい気もしますが、時代に関係なくこの作品がかっこいいということだと思います。

やっぱ自分、白人解釈のブルースって好きだわ(笑)


















































ちなみに、お世話になっているブログ仲間(とお呼びしてよろしいのか(汗))カナさんのブログ[「音楽酒場」で代表作「ブロウバイブロウ」の紹介記事http://ongakusakaba.at.webry.info/200602/article_2.html
を読んだこともあったりと、最近もう少しベックに真剣に向き合ってみようかなぁとも思ってます。


....ケモノ道ばかりを歩いてきたギター人生、たまには王道も歩もうかなぁと(笑)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
原点回帰(何度目?)、元祖「大人のロック」はジェフ・ベックのこのアルバムだ!
今夜のBGM・・・ JEFF BECK / BLOW BY BLOW ...続きを見る
音楽酒場
2006/02/11 15:06
ジェフ・ベック
NO.00128 ...続きを見る
まい・ふぇいばりっと・あるばむ
2006/08/25 01:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして☆
たまたま、ストテンのヴァチカンを検索してたらヒットして興味津々で拝見致しましたm(_ _)m
音楽ネタにピックアップされてるアーティスト、かなりツボだったもので、ついコメントを残したくなってしまって…
同世代なので、BLOGってハニーの題名までもちょっとツボ(笑)
ちょこちょこ寄らせてもらおうと思いますのでヨロシクです。
みあ
2006/02/11 12:43
ども〜。記事紹介ありがとうございます。

わたし偉そうにデカイことばかり言ってますが実はヤードバーズほとんど聴いたことないんですよね(爆)やばい、口がすべった・・・。

ほんと、まだまだ修行中の身です。

ベックと真剣に向き合う・・・恐ろしいことになりそうですね。わたしのところでリンクさせていただいてる「エディの出張日記」のエディさんが、ベックをコピーをしてらっしゃいますよ。
カナ
2006/02/11 15:11
>みあさん

はじめまして。お越しいただきありがとうございます。
しかしストテンのヴァチカンを検索なさるとはみあさん、いい趣味です(独断)

需要があるのかギモンを感じながら採り上げるアーティストも多いので好みのものがあったというのはとても嬉しいです。
コドモは置いてけぼりなふざけたブログタイトルなブログですが今後もぜひごひいきに(笑)

>カナさん

こちらこそありがとうございます。

普通ベックは聴いたことあるけどヤードバーズまでは...って方のほうが多いと思いますよ(笑)。

しかしギタリストとしてベックを気にいるのも少々怖い気もします。
単純にギタープレイは難しいですし親指にハメるタイプのピックと指で弾く独特の奏法なんで下手に真似できませんからねぇ(汗)

エディさんのブログもチェックしてみますね!
ヨー
2006/02/11 20:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
Yardbirds 「BBC sessions」(2005) BLOGってハニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる