BLOGってハニー

アクセスカウンタ

zoom RSS Yardbirds 「Five Live +5」 (1964)

<<   作成日時 : 2006/03/10 23:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 6

画像イジメカッコワルイ、ヤードバーズカッコイイ (ヨー園真聖)












先日地元に大規模な書店がオープンしました。
そこのCDの品揃えがこれまたなかなかよく、以前から目をつけていたこの作品も置いてあったので購入してきました。
ヤードバーズの記念すべきデビューアルバム、「Five Live Yardbirds +5」






デビューアルバムがライヴ盤というのも面白い!
とはいえ40年以上も前のライヴ音源なのに熱のこもったサウンドはそれを感じさせず、ただただ圧倒されます。
同じライヴ音源の「BBCセッション」に比べると臨場感はこちらのほうが上ですね。





カヴァーナンバーの多い編曲ですがこれがまた素晴らしい。
チャックベリーのカヴァー「トゥーマッチモンキービジネス」のような軽快な曲からブルース系のアーティストの好むカヴァー「ルイーズ」「アイムアマン」「ブームブーム」といったブルージーな曲まで若さと力強さに溢れた解釈で聴く者を扇動するような激しい演奏がこの作品では体験できます。





デビュー時のリードギタリストはご存知エリッククラプトン
彼のプレイは今のレイドバックしたものとは違い、非常に熱の入った勢いのあるギタープレイ。バンドとしてのヤードバーズの魅力について以前BBCセッションのほうの紹介で書きましたが、それにしてもこの作品での彼のギターの音はバンドサウンドの中でもいっそう耳を引き寄せられてしまう音ですね。
ヴォーカル以上にキャラの立ったギタリストのいるバンドというのも当時は珍しかったでしょう、ジャケットで一番目立っているのがヴォーカルじゃなくギタリストってのもこの時代としてはなかったと思いますよ(笑)
今の彼にこんな突っ走った激しいプレイを求めるのは酷ですが自分にとってのかっこいいクラプトンのギターサウンドというのはこの頃からクリームにかけて。...ヘンですかね(汗)。

あとジャケットでは端に追いやられていますが(笑)、キースレルフのハーモニカは間違いなくこの頃のヤードバーズサウンドの中核を担っていた音でしょう。キレ、タメ、メロディーと全てが抜群のセンスです。ライヴでのギターとの掛け合いなんかは鳥肌ものです。











こういった演奏の激しさや楽器同士のガチンコのぶつかり合いは他のブリティッシュビートバンドとは一線を画してます。
同時期のビートルズやストーンズとはまた違った魅力だと思いますしこういった部分こそが彼らの個性であったのではと思います。

















ミッシェルガンエレファントの流れでガレージ系が好きだ、なんて方には文句なしでオススメの一枚ですね。自分も最近毎日聴いてます。

あまりヤードバーズは聴いたことがないという方はきっと「おっ!意外とビートのきいたアツい演奏してたんだ!」と思い直すはずです。かくいう自分もそうでしたから(恥)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Yardbirds "Roger The Engineer"
 ちょっと名前が出たので久々に気になって聴いたのがヤードバーズの「Roger The Engineer」。自分が昔々に手に入れたのはジャケットが青いバージョンのエドゼルからリリースされたモノラル ...続きを見る
ロック好きの行き着く先は…
2006/03/12 21:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
コメさんくすです♪
こいつも名盤っすね〜。これからもまたバシバシ遊びにきます♪
フレ
2006/03/12 21:50
>フレさん

ジェフベック期が一般的に知名度は高いかと思いますがこの作品もなかなかですよね。
ライヴ盤という強みも要因でしょうか(笑)
ヨー
2006/03/12 22:29
初めまして。
ヤードバーズは、ジェフ・ベック時代の音源しか聴いてないです。
クラプトンも好きですが、バンドとしてのクラプトンの存在ってどうなんでしょうね?
エディ
2006/04/08 05:59
>エディさん

はじめまして!
ジェフベック好きのエディさんとしてはジェフ在籍時のヤードバーズが一番印象あるんでしょうね。
個人的にはバンドという枠の中でプレイしているクラプトンが自分は好きなのでクリーム同様クラプトン在籍時のヤードバーズも好きです。

ジェフ在籍の頃より若干遊び心の少なく感じられるストレートなサウンドですが力強さのあるブルージーなギターはこの頃のクラプトンならでは。
機会があればこちらの作品もぜひ聴いてみてください!
ヨー
2006/04/08 20:41
こんばんは。
当ブログへコメントありがとうございました(^^)。
早速遊びに来てしまいました(^^)。ヨーさんはギタリストなんですね!私はへたくそなので羨ましいです。
また、ちょくちょく遊びにこさせてください(^^)。
波野井露楠
2006/04/19 01:03
>波野井露楠さん
いらっしゃいませ。こんなブログですが今後ともよろしくお願いします。
ギターは上手い下手じゃないです!
...と思わなきゃやってられません(笑)

自分も下手ですよ(汗)
ヨー
2006/04/19 23:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
Yardbirds 「Five Live +5」 (1964) BLOGってハニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる