BLOGってハニー

アクセスカウンタ

zoom RSS Paul Weller 「Paul Weller」 (1992)

<<   作成日時 : 2006/11/21 18:50   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

画像久しぶりの更新、ちゃんとアルバム紹介をします(笑)










10代の頃の自分にとっての一番の憧れだったアーティスト、ポールウェラー

もともとは彼の結成していたジャムというバンドにハマり、同時にジャムというバンドにおけるキーパーソンであるポールに惚れこんだわけです。その流れでジャム解散後に結成したスタイルカウンシル→ソロ、と聴くようになりました。

どれぐらい好きだったかというと、とりあえず当時は各時代のポールの写真を持ってよく美容室には行ってました(恥)
イージーオーダーでポールの着ていたスーツと同じものも仕立ててもらいました(恥)




今思い返すとありゃイタイね.....





はい、気を取り直して!



今日紹介するのは彼がスタイルカウンシル解散後に発表したソロ1stアルバム「Paul Weller」






1stということでポールが自身の名をアルバムタイトルに冠した意欲作でした。しかしセールス的には振るわなかったようです。
彼がまたジャム、スタイルカウンシル同等の評価を得るようになるには3作目の名盤「スタンリーロード」まで待たなければいけませんでした。





でもね、個人的にはスタカンの頃のスタイリッシュさを保ちつつソロによる身の軽さを兼ね備えた、いいアルバムだと思うんですよね。


曲も一曲目の「Uh Huh Oh Yeh」からもう素晴らしい。透明感のある世界でありながら彼の渋みのある声が彼独自の世界を醸し出してます。つかこの曲に関してはタイトルの段階でかっこよすぎだよね(笑)

他にも「Bull-Rush」「Remember how we started」「Into tomorrow」とアルバムセールスだけでは計り知れない名曲揃いのアルバムです。

あまりポールウェラーを語るさいに採り上げられることのない曲ですが自分は9曲目の「Amongst butterflies」が一番のお気に入り。アコースティックライヴなどでも未だに演奏しているようですがこれは名曲です、癒されます、とにかく聴いて(笑)






ポールの作品で一番好きな作品となると2ndの「ワイルドウッド」になりますが、二番目に好きなアルバムとなると「スタンリーロード」を抑えてこの作品になります。

ちょっと前までは「なんか中途半端なアルバムだよなぁ」なんて思っていたりもしていたのですが歳を重ね嗜好が変わってきたのか、非常に心地よい作品と感じるようになりました。





最近の土臭いサウンドのポールもいいですが、オシャレさん全開で気負いのあるこの時期の彼もなかなかいいですヨ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ヨーさん、こんにちは!
なんだか、わかりますよ〜。お気に入りのアーティストのヘアスタイルやファッションもまねてみたくなる時期!ありますよね。
このアルバムは私は持っていませんけど、私はやっぱりスタイルカウンシル、好きでした。ポールは素敵ですよね。イギリス人!って感じします。ソロになってからのアルバムはまだ聞いていないので、今度聞いてみようと思います。
mary-ring
2006/11/26 22:01
>mary-ring
こんにちは。
そうですよね。ましてや高校時代とかですから...。
たまにポールがしていた超ベリーショートもよく真似しました。さすがに今はもう怖くてできませんけど(笑)

この作品はまだスタカン時のスタイリッシュな雰囲気の残った音なのでスタカン派のmary-ringさんもいけるはず!
ぜひ聴いてみてください。

ヨー
2006/11/27 00:22
この「天使の輪」ができる頭髪
あこがれましたね〜。
今は若干、毛根に根性がなくなり、
なおかつ毛髪密度の減少により
期せずして天使の輪ができました。爆。
たく
2006/11/27 20:19
>たくさん
そう!自分はここまで綺麗な直毛じゃないから当然憧れましたよー。
ストパーかけたけどあそこまでツヤツヤにはならなかったなぁ。

...髪に関しては年齢を重ねていくほどに変わっていきますからね(泣)自分も昔より柔らかくなってきましたよ。

サラサラなショートがカッコよかったブラーのデーモン。最近の彼を見るとちょっと切なくなる今日この頃デス。
ヨー
2006/11/28 00:12
こんばんは。
私的には、ソロ作品の中では
これが一番スキなアルバムです。
どの曲も最高ですが、
数年前のアコギライブで、"Clues"を
演ってたのを聴いて、久々に胸が
キューン(おい!)となったのが
懐かしく思い出されます(笑)
くま子
2006/12/05 23:02
>くま子さん
こんばんは。
これが一番好きとはなかなか渋いチョイスですね。しかも「Clues」を挙げるとは!
いい曲ですよね。

自分の好きな「Amongst butterflies」のアコースティックバージョンもすごい染みるんですよね。
当然キューンって(笑)
ヨー
2006/12/05 23:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
Paul Weller 「Paul Weller」 (1992) BLOGってハニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる