BLOGってハニー

アクセスカウンタ

zoom RSS Justin Timberlake 「FUTURESEX/LOVESOUNDS」(2006)

<<   作成日時 : 2007/12/06 20:24  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像ブログを更新していなかった理由として最近普段聴いているジャンル(ロック)で「当り」なアルバムに出会っていないというのがあります。




自分の感性が年老いたのかメディアでイチオシの新人バンドの音を聴いても、なんかピンとこないんですよね。
かといってもともと好きなバンドの新作もイマイチだったりと正直ロック系で紹介するような作品に今年は出会えていませんでした。




ということで最近はハードコアパンクやヒップホップ、テクノ、R&B等の普段あまり接しないジャンルに手を伸ばしています。






そしたらまぁいいアルバムに出会うこと出会うこと。






今回紹介するのは今年個人的に一番のヒットだったアルバムを。

ジャスティン ティンバーレイクの2ndアルバム「フューチャー・セックス/ラヴ・サウンズ」





『ブリトニーの元カレ』、加えて「アイドルグループのインシンク出身」ってことで野郎が聴くにはちょっとナヨナヨした音なんだろうなと思っていました。







じゃあなんで聴いたのか?理由聞いたらビックリしますよ?....ジャケ買いです(ポッ)







そんな田舎の中高生のような感覚で買ったアルバムですが、いざ聴いてみるとかなり楽しめる作品でした。




まぁ一曲一曲が個性的でどっしりと聴き応えがある、といった感じのアルバムではありません。
ただね、アルバムを一曲目から最後まで通して聴いている時の高揚感っていうのはかなりのもの。聴いている人間の体を、心臓を、活発に働かせます。こりゃブリトニーもキャメロンもメロメロになるわ(笑)

ジャスティンワールドの幕開けはスライ&ファミリーストーンの「I WANNA TAKE YOUR HIGHER」のベースリフを引用したタイトル曲「FUTURESEX/LOVESOUDS」でジワジワと始まります。
そして二曲目のヒットシングル「SEXY BACK」で一気に加速してそこからはもうドンと聴く者をエロい気分に....もとい、興奮させてくれます。
アルバム全体の流れ自体非常に優れたアルバムですが、1〜5曲目の流れが特に最高。




アルバム全体の音は、イメージ的には「古き良き時代のプリンスやカーティスメイフィールド、マイケルジャクソンのサウンドを現代風によりダンサブルに再構築した」って感じでしょうか。






アルバム全体に漂うエロい感じは非常にプリンスチック。この作品を一言で表現するなら「エロカッコイイ」で間違いないな。

....と、「エロカッコワルイ」わたくしヨーは思うのです(笑)










「古いものの良さも継承しつつそれに新しいものを取り入れていく」
優れた物をつくるさいにはかかせない常套句。このへんを非常にうまく実践できた作品だと思います。
唯一残念な点を挙げるとすれば、もう少し彼のヴォーカリストとしての歌唱力を前面に推した曲なんかがあってもよかったかなとは思います。いい歌声ですしね。


彼の音楽に触れる人はルックスもあって女性が多いかとは思いますが俺ら男が聴いてもガツンとくるシロモノです。
聴かず嫌いせず聴いてみましょう!

モテモテな点には腹立つけどねー








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ヨーさんお久しぶりです!
いきなり意外なところを突いてきますね〜。全然、アリですよ!
アルバムは持ってませんが、ラジオでかかりまくってたので曲は知ってます。よく出来てますよね。金もたくさんかかってるんだろうけど。
同じ系統・・・かどうかよくわかりませんが、クレイグ・デイヴィッドなんかも好きでたまに聴いてます。バンドですがマルーン5なんかにも同じ匂いを感じる・・・。
カナ
2007/12/08 02:02
>カナさん

久しぶりです!

男が選ぶには微妙な位置のアルバムな気がしたのでカナさんからアリと言われるとなんかホッとします(笑)
「皆が認めるいいアルバム」ってつくりは感じますね。
共演者やプロデューサーetc大掛かりですし。

さてクレイグデイヴィッド!
あまりに奇遇で驚きました。このアルバムの後に買ったのがクレイグデイヴィッドの2nd(笑)
これも非常に気に入ってます。よりダンサブルな路線にいった新作のほうも気になっていて買うか今迷っています。
ヨー
2007/12/08 12:58
ロックで当たりが無い。と言うのは同感ですね。
それは今の自分の感性にフィットしない。って考えるようにしてます。
とは言いつつ、DEAD60'Sはちょっとフィットしましたけどね。
ケイ
2007/12/10 15:16
>ケイさん
そうなんですよ。なんか以前ほどの「おぉ!」って感じがロックでは無くて...。
それ、いい考え方ですね。自分もそう考えようっと。

DEAD60'Sは初めて聞きました。試聴してみようかな。
ヨー
2007/12/11 00:52
凄く困ってます☆ love-cac@docomo.ne.jp すぐに連絡ください
ななみ
2009/06/27 09:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
Justin Timberlake 「FUTURESEX/LOVESOUNDS」(2006) BLOGってハニー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる